​オセアニア地域コーチ向けオンラインセッション

2020年7月22日、オセアニアパラリンピック委員会メンターのクリス・ナン氏を講師に迎え、オセアニア地域のコーチ向けの初めてのオンラインセッションを実施しました。

 

バヌアツ、フィジー、キリバス、PNG、ソロモンからコーチとNPC役員が参加し、ナン氏から東京2020に向けてのプランニングやパラアスリート向けのサーキットトレーニングについてのが説明され、参加者はキーポイント等の再確認ができたようです。

また今回オンラインではありますが、チーム「NEPPオセアニア」が久しぶりの再会をし、それぞれの国のトレーニング状況やコロナの影響についての現状を共有しました。

 

8月には各国毎の課題やニーズをより深く理解し、東京2020に向けての具体的な戦略を練るために、選手も交えて国別のセッションを予定しています。

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy