Brunei now took off toward Tokyo 2020


ブルネイが2020年東京パラリンピックに向けて動き出す


ご縁あってブルネイでパラスポーツ開発に関する事業に関わることになり2018年6月にブルネイを訪問、パラバドミントン協会との話し合いや交流試合の視察、ブルネイ・パラリンピック委員会らと2020年までの協力関係について意見交換をしました。​


6月25日の午前中はPCBD(Paralympic Council of Brunei Darussalam)と会議を設け、現状の共有や2020年に向けてお互いが何をしていくのかを確認を行いました。 ブルネイ川沿いにあるKaizen Sushi restaurantにて在ブルネイ日本大使館の加藤大使と書記官の小川氏との昼食会の後、大使館へと移動し、プレスインタビューへ。加藤大使の熱意あるお話のおかげもあり、翌日にブルネイ各紙で会見の記事が掲載されました。また、夜にはラマダン明けということもあってなのか、PCBD会長宅での夕食会に招かれ、ローカルフードを堪能してきました。


26日には、文化・青少年・スポーツ省にて大臣との会合の後、2020年に向けて日体大とPCBDとの協力関係の相互合意を示す文書の署名式が行われました。ここにもブルネイのスポーツに対し熱意ある大臣がおり、今後のブルネイにおけるパラスポーツの発展に私たちも継続的に支援していきたいと思います。 さらには、その日のうちにブルネイ国営放送でも署名式の様子が取り上げられたようで、ブルネイ人のパラスポーツへの関心もより高まってくれればと思います。


June 2018, We luckily connected with Brunei and started a program of development in para sports here. In this visitation, we discussed how to collaborate to develop para sports toward 2020 Tokyo Paralympics with Brunei Paralympic Committee.​


In the morning of June 25, we held a meeting with PCBD (Paralympic Council of Brunei Darussalam) to share the current situation and confirm what each other would do towards 2020. At Kaizen Sushi restaurant along the Brunei River, after a lunch meeting with Ambassador Kato of the Japanese Embassy in Brunei and Mr. Ogawa, the secretary, moved to the embassy for a press interview. Thanks to the enthusiasm of Ambassador Kato, an article about the conference was published in Brunei newspapers on the next day. Since Ramadan period is ended, we were invited to a dinner at the PCBD chairman's house and enjoyed local food.


On the 26th, after a meeting with the Minister at the Ministry of Culture, Youth and Sports, a signing ceremony was held for  a mutual agreement on the cooperative relationship between NSSU and PCBD for 2020. We hope Brunei's interest in para-sports will increase.​

16回の閲覧

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy