検索

GAPS camp at Gold Coast ギャップキャンプ視察@ゴールドコースト

最終更新: 2018年7月31日

It has been 3 months since we had visited Australia last time. Our mission this time is to observe the training camp for Commonwealth Games (Nations and Regions where had been colonized by UK).


11月の訪問から約3ヶ月。今回は4月にゴールドコーストで行われるCommonwealth Games(旧イギリス植民地の国と地域の大会)に出場予定のオセアニア地域の陸上選手が合同でトレーニングキャンプ(GAPS)を行なっている様子を視察しに行ってきました。





It has been 3 months since we had visited Australia last time. Our mission this time is to observe the training camp for Commonwealth Games (Nations and Regions where had been colonized by UK). In this game, the events for abled and ppl with impairment at the same time. We had informed that there comes para athletics athletes from oceania.

There are 2 athletics athletes with one upper limb amputated, 1 athletics athlete in cerebral palsy, and 1 coach, and all from Vanuatu. whats most impressed is they are all female!!

Mr. Christopher is one of the famous coach being a head coach for the Australian athletics delegation at Sydney Olympic Games in 2000. Now he took a role of being a main coach for the para athletes and the coach.

During the training, we could see lots of smiles and felt the good atmosphere between the athletes and the coaches. I personally liked the moment when he posed questions to let them think and try what they thought! Also we could see many volunteers from Griffith Univ to support the training with their professions.

Apart from that, we had a meeting with Mr.Paul (President of Oceania Paralympic Committee) Mr.Richard (Development Director, Commonwealth games federation) for extension of number of the countries which have NPC around Oceania. We could find out the possibility to commit on this more deeply. Furthermore, we agreed with using most of our school facility along with this project.




11月の訪問から約3ヶ月。今回は4月にゴールドコーストで行われるCommonwealth Games(旧イギリス植民地の国と地域の大会)に出場予定のオセアニア地域の陸上選手が合同でトレーニングキャンプ(GAPS)を行なっている様子を視察しに行ってきました。この大会は、健常者・障がい者の両方の大会を同時に行なっており、今回はバヌアツ📷🇻🇺のパラアスリートが3名(片腕肘下欠損女性2名・脳性麻痺女性1名)とコーチ(女性1名)が陸上のトレーニングを行っていました。 今回パラ陸上選手のトレーニングコーチを務めていたのは、シドニーオリンピック陸上競技のヘッドコーチをされていたChristopher氏。

陸上競技場やウェイトルーム、プール等を使いながら、様々なメニューを専門分野に精通したGriffith Univの学生のサポートも得ながら丁寧に行っていました。何と言っても、トレーニング中の選手とコーチの雰囲気が良く、笑顔を見せる場面も多く、リラックスしている様子が伺われました!選手に質問することも多く、選手自身が主体的に考えて行動している場面もよく見られました。 また、コーチに対しても小まめにミーティングを行ったり、技術的な指導の助言を行ったりしており、コーチ育成の大切さについてChris氏が熱心に話されていたのが印象的でした。

OPC(オセアニアパラリンピック委員会)の会長Paul氏やCommonwealth Games開発ディレクターのRichard氏とも、対話の時間を設けてもらうことができ、OPCとNSSUが今後パラリンピック参加国拡大に向けてオセアニア地域のNPC(パラリンピック委員会)設立に関わっていくことで話が進みました。また、NSSUの施設もパラリンピック開催に際して、有効活用していきたいという話もしました。



0回の閲覧

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy