検索

First step to the caribbean region



We went to Barbados from January 18th to 20th, one of the target nation in the Caribbean region, to have a meeting with Paralympic Association of Barbados and to observe the training of the para athletes. On the first day, we had a meeting with members of the Paralympic association of Barbados and some organization for people with disability. The president of PAB Mr. Martin Jackman gave us a presentation about their vision, significant issues, challenges so on. They mentioned common issues on the development of para sports which other target nations of our project also have.

After the meeting, we had lunch with the Japanese ambassador in Barbados Mr. Teruhiko Shinada. We heard the history and current situation of Barbados and relationship with other Carribean nations. Since Barbados is easy accessible country for other Carribean countries, we hope to have a workshop in Barbados in the future.

On the second day, we met some Para athletes and two wheelchair athletes showed us their performance. After that, we had a meeting with Ms.Alleyne, deputy director of Barbados Sports Council. She is very active to develop Sports in Barbados and she agreed with the vision of our project. Then finally, we could determine a participant of the workshop in next month in NSSU by her nomination. It’s a big advance as the participant is the first coach from the Caribbean region since our project started. We would like to expand NEPP project to other Caribbean nations through this opportunity in this year.

We look forward to the next workshop collaborating 4regions, Asia, Oceania, Africa and Caribbean.



 1月18日から20日にかけてカリブ海地域の支援対象国の一つであるバルバドスを訪問し、バルバドスパラリンピック委員会とのミーティング及びパラアスリートの練習観察を実施しました。

 初日は、バルバドスパラリンピック委員会及び国内障がい者団体の役員とミーティングを行いました。始めに、バルバドスパラリンピック委員会のマーティン・ジャックマン会長から、彼らのビジョンや重要な問題、課題について紹介がありました。彼らは、本事業の他の支援対象国も抱えているパラスポーツの発展に関する問題を抱えていました。 ミーティングの後、在バルバドス日本国大使館の品田輝彦大使との会食の時間を設けさせていただくことができ、品田大使からバルバドスの歴史や現状、他のカリブ海諸国との関係性等を伺うことができました。バルバドスは他のカリブ海諸国にとって非常にアクセスしやすい国なので、将来的にはカリブ海地域支援対象国を対象としたパラコーチングワークショップの開催を検討しています。  2日目には、現地のパラアスリート数名と会うことができ、2人の車椅子アスリートの練習を観察しました。その後、バルバドススポーツ評議会の副理事長アレーヌ氏と面会を行いました。彼女はバルバドスでのスポーツ発展に尽力しており、本事業のビジョンに対しても賛同の声をいただくことができました。

 最終日には、2月に日本体育大学で開催予定のワークショップへの参加者を決定することができました。カリブ海地域支援対象国から本事業のワークショップへ参加するコーチは彼女が初めてであり、本事業として大きな進展となりました。 本事業としては、今回のバルバドス訪問をきっかけに他のカリブ海地域支援対象国に支援を拡大したいと考えています。


0回の閲覧

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy