ICCE Global Coach Conference


ICCE グローバルコーチカンファレンス


2019年10月30日~11月1日に開催されたICCEリサーチフェアとグローバルカンファレンスに参加しました。


NEPPでは支援対象国・地域から南米、アフリカ、オセアニアでパラスポーツに積極的に関与し、周辺国と繋がりのある以下の3名を招聘し、カンファレンスでそれぞれの地域の課題等についての発表を行いました。​


南米:レティシア・バエズ(パラグアイパラリンピック委員会副会長)

アフリカ:セレスティン・ンゼイマナ(ルワンダパラリンピック委員会エグゼクティブディレクター)

オセアニア:ジャッキー・トラベルツ(パプアニューギニアハイパフォーマンスセンター陸上競技コーチ)​​


カンファレンス参加の他に、パラコーチEUプロジェクトメンバーとのミーティングや世界中のパラスポーツ関係者・研究者らとのネットワーク作りが行えたことは、参加者にとって今後の各地域でのパラスポーツ発展の一助になると考えます。


NEPP attended ICCE Research Fair and Global Conference from October 30th to November 1st, 2019.


We invited the following 3 people who are actively involved and connected to neighboring countries from South America, Africa and Oceania as a panelist on the issues of each region at the conference. ​


South America: Leticia Baez (Vice Chairman, Paraguay Paralympics Committee)

Africa: Celestin Nzeiymana (Executive Director, Rwanda Paralympic Committee)

Oceania: Jackie Travertz (Athletic Coach, High Performance Center, Papua New Guinea)​


They did the great presentation and also had meetings with Para-coach EU project members and build some network with parasports officials and researchers around the world. We are sure that this will help them to develop para-sports in each region in the future.

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy