Mission completed in Paraguay

最終更新: 9月2日


パラグアイでのミッション完了


2018年11月30日~12月2日、アスリートの練習視察及びパラリンピック委員会とのミーティング、ワークショップの開催を目的に本学の伊藤雅充教授がパラグアイを訪問しました。


初日には、11月に行ったパラ競泳のトレーニングキャンプに関して、パラグアイパラリンピック委員会のイヒニャ会長やコーチ、選手から強化や国内でのパラスポーツ普及の現状についてヒアリングし、今後の展開についてのミーティングを行いました。その後、パラグアイ・スポーツ庁&パラリンピック委員会 X 日体大のワークショップを開催しました。「良いコーチはどのようなコーチなのか」、「コーチングの質を上げていくために待ち受けている障壁にはどのようなものがあるのか」をテーマとして議論を行いました。今回のワークショップで得られた参加者からの意見をもとに、3月に再度パラグアイで開催を予定しているワークショップのプログラムを作成する予定です。


最終日には、新しい義足を手に入れ練習に励んでいるパラ陸上選手及びその家族らと面談しました。これから本格的なトレーニングを始めるようですが、ご家族全員がとても嬉しそうな表情で新しい義足を付けて走る選手を見ていたのがとても印象的でした。 今回、スポーツ庁、パラリンピック委員会、選手、コーチらと打ち合わせを行い、非常に成果のあった訪問となりました。本事業は3月に再度パラグアイを訪問し、パラグアイのコーチング文化の発展に向けた活動を展開する予定です。​


Muchas gracias a todos ustedes. Nos vemos en marzo.​


The project for Paraguay para sports support has been moving on and on!In order to discuss and analyze the achievement and the challenge from the training camp in the mid of Nov 2018, Prof. Ito went to Paraguay from Nov 30 to Dec 2 and had a hearing with NPC president Madam Higinia, the coach and the athlete. After that, in cooperation with ministry of Sport of Paraguay and NPC, NSSU run a workshop for local coaches. In the session, we had discussed "what is an ideal coach?" and "what kind of challenges will we face in order to enhance the quality of coaching?". With result of the discussion, we are going to arrange a program held in Paraguay in March. On the last day, we met an athlete with prothesis on his leg and his family. It was very impressive that all the family looked so happy to see him putting it. He will start his training very soon, so we look forward to seeing his progress!Although this visitation, we could meet up various people and had meaningful discussions with them. On the coming up program in Paraguay, we will come for implementing a coach developer program in Paraguay in March and seek for their original coaching culture together with local coaches!

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy