Online Training Session with Uchu Tomita

最終更新: 9月3日


オンライントレーニングセッション with 富田宇宙選手


2020年7月18日、パラ水泳日本代表の富田宇宙選手から多大なるご協力をいただき、アメリカズ地域のパラ水泳選手向けのオンライントレーニングセッションを実施しました。​


日本時間の午後9時、自宅でもできるドライランドトレーニング、アスリートのモチベーションアップ、参加者同士の交流を目的としてセッションがスタート。

モビリティフローからスタートし、コア・足・腕の自重トレーニングを行い、富田選手は動作中の呼吸と動作の連続性が重要であることを強調して説明されました。

アルバ、バルバドス、グレナダ、ホンデュラス、パラグアイ、セントビンセント、ウルグアイから8名の選手と8名のコーチが、富田選手からたくさんのことを吸収しようとする姿勢がとても印象的でした。​


セッションには同じく日本代表の木村敬一選手と鈴木孝幸選手、チームドクターの斎藤那由多先生もご参加くださり、とても豪華なセッションとなりました。​ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました!


July 18th, 2020, we held a Americas Para Swimming Online Training Session, aiming to conduct a dryland training that also can do at home; motivate athletes; and interaction between participants. As a facilitator we had a kind collaboration of the Japanese active Para swimmer, Uchu Tomita ,class S11 (visual impairment), silver medalist of 400 m Free and 100 m Butterfly at the London 2019 World Para Swimming Championship, and current World Record holder of 800m Free.

He started the session with mobility flow and then a series of body weight training, such as core, legs, arms exercises.All exercises also possible to vary with equipment. Uchu stressed that breathing during exercise and the sequence is very important, because with this can stretch and activate the deepest part of the muscles. The practice session lasted about an hour and Uchu says that he does a training like this before entering the water.​


The 8 swimmers and 8 coaches from Aruba, Barbados, Grenada, Honduras, Paraguay, St Vincent and Uruguay participated in the session.

We also had the collaboration of the special guests, the Paralympic and World Champion swimmers Keiichi Kimura and Takayuki Suzuki, and the team doctor Nayuta Saito.

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy