Reflection Workshop on Arafura Games

最終更新: 9月2日


アラフラゲームズの振り返りワークショップ


2019年4月30日から5月1日の2日間、オーストラリア・ダーウィンにてアラフラゲームズの振り返りを目的としたワークショップを開催しました。プログラムには、オセアニア地域4カ国(バヌアツ・パプアニューギニア・ソロモン諸島・フィジー)からコーチ7名とパラ陸上選手1名(バヌアツ)の合計8名が参加し、講師にはクリス・ナン氏(オセアニアパラリンピック委員会/コーチメンター)を招きました。


1日目は、国際大会出場に向けて必要な準備について議論し、2020年東京パラリンピック大会の参加標準記録と各国アスリートのアラフラゲームズでの記録とのギャップ分析を行いました。その後、大会期間中に撮影したアスリートの映像を見ながらパフォーマンス分析を行い、レビューの方法や今後の改善点について考えました。最後のセッションでは、2つのグループに分かれ、ウィークリートレーニングプランを作成しました。


2日目は、次に目標としている大会に向けたアクションプランを作成しました。プランを作成する中で、2020年東京パラリンピックまで時間は限られており、参加できる国際大会も少なく、コーチは戦略的にアスリートをサポートしていく必要があるため、特に「何を」「いつ」「誰が」に焦点を当てました。2020年東京パラリンピックまで500日を切り、本事業としても、今後戦略的により多くの支援対象国のアスリートを支援していきます。​


A two-day workshop was held in Darwin, Australia from April 30th to May 1st, 2019 to reflect on Arafura Games. The program was attended by four coaches from four countries in the Oceania region (Vanuatu, Papua New Guinea, Solomon Islands, Fiji), one para-athlete (Vanuatu), and Chris Nunn (Oceania Paralympics Committee/coach mentor) as a facilitator.


On the first day, we discussed necessary preparations for participation in the international competition, and analyzed the gap between the qualifying standard of the 2020 Tokyo Paralympic Games and the actual record of the athletes at Arafura Games. After that, while watching the athletes' performance videos at the games, we learned  the methods of analysis to find the improvements we need. In the final session, we divided into two groups and created a weekly training plan.


On the second day, we created an action plan for the next competition. During the planning process, we tried to focus on clarify "What", "When", and "Who" since the time for the 2020 Tokyo Paralympics is very limited and there are few international competitions left. With less than 500 days until the 2020 Tokyo Paralympic Games, this project will strategically support more athletes of our target countries.

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy