Resistance band training with elastic / rubber <Swimming-Spanish Group>


アメリカズパラ水泳(スペイン語グループ)ひとりでできる ゴムチューブを使ったトレーニング


2020年9月5日 アメリカズパラ水泳(スペイン語グループ)3回目のオンラインセッションを実施しました。


今回は参加者からゴムチューブ等を使用して自宅でもできるトレーニング指導のリクエストがあり、講師のJuan Zucconi氏から、外出や練習に制限がある中での効率的なトレーニング方法、プールトレーニング再開に備えたチューブトレーニングの方法等が紹介されました。

選手によって障がいが異なるため、各選手に適した身体の動かし方やポイントが説明され、参加者はひとつひとつの動作を注意深く確認できたようです。


また、各選手の現状や心境が共有され、それぞれが先の見えない不安を抱えながらも前向きに日々過ごしていることがわかりました。選手たちの学ぼうとする強い姿勢を感じた講師からは「この時期に不安になることは自然で、気にすることはない。学ぶ意欲があるあなたたちは、今すべて知っている(つもりの)人よりはるかに大きな目標を達成することができる。」という力強い言葉が伝えられました。


September 5, 2020, we had the third online para-swimming session for Spanish group in the Americas region.

This session consisted of a brief conversation with the coaches, training using the resistance band and a conversation with the athletes.


For athletes who felt bad returning to the pool, Juan the facilitator told them to be calm.

Regarding to improving personal best, which is a common goal for most athletes, Juan strongly mentioned that it is a good and important goal. Even if you were in the last place at the race with your personal best, it should be a great achievement. Even though it seems far away, it’s good to have a big goal.

Juan said that when a person wants to learn it ends up reaching much farther than a person who thinks he/she knows everything. The desire to want to learn and improve techniques is very important!


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy