検索

"The Challenge of the Beautiful islands, Maldives" 美しい島々のモルディブの挑戦

"para badminton introduction" was run by Asia Badminton Association and Maldives Badminton Association. It was the first time for them to have the opportunity which is focusing on people with impairment.

モルディブでモルディブバドミントン協会が初の試みを行なった。それは、Addu cityというモルディブ第二の都市(と言ってもこじんまりとした島なのですが)パラバドミントンの紹介をバドミントンフェスティバルで行うといったことだ。





"The Challenge of the Beautiful islands, Maldives" Maldives is a nation which is composed by almost 100% Muslims. There are 400,000 ppl in population, and the 1/3 lives in the capital, Male. As the nation was used to be colonized by UK, its education system was transferred from UK. I don't know that y though, people in Maldives speak English very fluently! (wanna know how is English taught in school) By the way, the reason why we came to the country is to observe "para badminton introduction" run by Asia Badminton Association and its coordinator, Maldives Badminton Association. It was thefirst time for them to have the opportunity which is focusing on people with impairment. About 40 participants were quite surprised what they had watched on video playing para badminton players but got interested in it at the same time. Some of them said the facilities and equipment prevent those people to come to play as well as lack of our knowledge on how to deal/teach those to play sports. Overall, Badminton Association in Maldives did a wonderful event to let people be aware the idea of social inclusion. we ensure that badminton in Maldives will firmly develop for the coming years. At Male, we also had a good chance to meet up with important group of people. MAPD (Maldives Association of Physically Disabled) takes an initiative for approaching to people with disability. Also, they have already started including those people to take part in sports events as well as applying NPC to APC (Asia Paralympic Committee). At the meeting (or I would say conference), there are many stakeholders and even a freelance journalist with his camera. The chairman presented how far it has been progressed in set-up NPC, and their activities toward those amputated. We also explain about our project and found Maldives could be the one which we support for 2020 Tokyo Paralympic Games. However, when they told us "We don't know how to train para athletes, so we want to know how", I realized that approaching the countries which have never participated in the games should build a structure from beginning. Coaching skills, understanding physical disabilities and sports, maintaining ideal environment and so on... What we should do for now is to think how we can provide these things above. Since I used to hear Ugandan villagers saying "Give me something/money" and "What did you bring for us", I was so amazed the way they think and live. Dedication to learn something from others and Strong will of own growth are expressing Maldivian natures. The emerald oceans and white sand beaches are the not only thing Maldives can be pride of, but the fantastic people!!


パラリンピック参加国拡大事業 第2弾は美しい島々のモルディブの挑戦

モルディブの人口のほぼ全てがイスラム教。人口は約40万人で、3分の1が首都のマーレに住んでいる。元々イギリス領であったため、教育はイギリスの教育内容を踏襲している。驚くことに、モルディブでは現地のディベヒ語が第一言語にも関わらず、皆英語がかなり流暢なのだ。(どんな英語教育をしているのかかなり興味があるので、今後要研究!) そんなモルディブでモルディブバドミントン協会が初の試みを行なった。それは、Addu cityというモルディブ第二の都市(と言ってもこじんまりとした島なのですが)パラバドミントンの紹介をバドミントンフェスティバルで行うといったことだ。これまで、障がいを持った人々は外に出ることもなく家で育ってきた。物理的な障害ももちろんあるのだが、一番は障がいを持っている人の対応経験が少ないということが、そのような人々が社会の中にインクルードされて活躍するという場がない要因になっているのではないかと考えた。 また、首都ではMaldives Association of Physically Disabled(モルディブ障がい者協会)の人々がNPC設立に向けたこれまでの動きや今後の課題、そしてモルディブでの障がい者を含めた活動などを、カンファレンスルームでプレゼンテーションしてくださった。そこには、ユーススポーツ庁、スポーツ協会など様々な団体が来ており、しかも!なぜかジャーナリストが大きなカメラを背負って会議の様子を撮影していた。メールでは、会って少し話だけでもという感じたと思っていたので、サプライズだった!こんな素敵な場で、私たちの事業の紹介をさせていただき、みなさん興味を持って聞いてくれ、視覚障がいのある選手も今後協力して2020年に向けて記録が伸ばせるように頑張ると言っていた。 ただ、率直な要望として言われたのは、「私たちは障がいを持った人にスポーツを教えるという経験やスキルがない。だから、そのようなスキルをどうにかして習得したい。」とのことであった。やはり、パラリンピック初参加の国にしてみれば、「一」から全て作っていかなければならない。コーチングの方法やパラアスリートに特化したコーチング、環境整備など、今後私たちが情報や技術提供していくことのできることを模索し、積極的に働きかけたいと思っている。 ところで、この出張を通して感じたことの一つに、モルディブの人は物・お金が欲しいなんて言わなかった。ウガンダでは耳にタコができるくらい聞いた言葉。モルディブの人たちは何をするのにもすごく考えていて、その上自分たちが主体となってやっていきたい(成長したい)という意志が強いのだろうと感じた。島々が美しいのも魅力の一つだが、このように島国で一つになって協力して成長したいという熱い意志を持つ人々が住むモルディブの新たな一面も私にとっては非常に魅力的であった。


0回の閲覧

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy