The First Para-coaching Workshop @ NSSU

最終更新: 9月2日


第一回パラコーチングワークショップ@日体大


2018年7月13日から16日まで、日体大にてパラスポーツコーチングワークショップを開催しました。


初日は、同じく日体大が担当するスポーツフォオートゥモロー事業のひとつ、NCDAとのコラボレーション企画を行いました。コーチ役として15分のミニセッションをし、それをNCDAのコーチデベロッパーが観察する。普段自分のコーチングを観察されることがなく、少々緊張した姿を見せながらも、それぞれ熱心に取り組んでいました。


初日のNCDAとのコラボレーションに続き、2日目からはCoachSGのトロイ・エングル氏、オセアニアパラリンピック委員会のクリス・ナン氏を講師に招いて、ワークショップが展開されました。自分を知り、相手を理解し、多様な価値観を認め合うアクティビティから始まり、SWOT分析を通していま現在の状況を分析したり、パラアスリートの実例の紹介などがされました。


ワークショップの最終的な目的であるアクションプランの作成を目指し、2020年に向けて何が課題となるのかのグループワークを中心に展開されました。移動はどうするのか、クラス分けを受けるには何が必要なのか、2020年の参加に向けてコーチは何をするのかなど、具体的な課題を参加者自身で考え、共有し合いました。


アジア・オセアニアの今後の盛り上がりに期待しています。今後も参加してくれた国々と2020年に向けたプログラムを企画していきます。​


The first para-coaching workshop was held at NSSU from July 13th to 16th, 2018.


On the first day, we had a collaborative project with NCDA, one of the sports for tomorrow projects.A 15-minute mini-session as a coach will be observed by the NCDA coach developer. The coaches were a little nervous because they usually don't get observed their coaching.


From the second day, the workshop was held with 2 facilitators Troy Engle from CoachSG and Chris Nunn from Oceania Paralympic Committee.Starting with an activity of knowing oneself, understanding the other person, and acknowledging various values, the current situation was analyzed through SWOT analysis, and the actual examples of para-athletes were shared.


The participants created their action plan toward Tokyo 2020 focusing on what their biggest challenges. They thought about their specific issues and shared with the other participants.


We look forward to the para-sports development in Asia and Oceania. We will continue to plan programs for 2020 with our target countries.


25回の閲覧

© 2018 by NEPP Proudly created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy