Workshop & 1 year Pre Para Athletic Training Camp @ NSSU


ワークショップ & 1年前パラ陸上トレーニングキャンプ @ 日体大


東京2020の約1年前となる2019年9月12日~18日、日体大でワークショップおよびパラ陸上トレーニングキャンプを実施しました。​


初日と2日目には競技力向上のために必要な知識の獲得、パフォーマンス分析による課題の明確化等を目的としたワークショップを、3日目以降は日体大健志台キャンパスにて東京2020を想定したパラ陸上トレーニングキャンプを行いました。10か国から23名の選手・コーチを招聘し、各種目に専門的な知識を持つ講師を4か国から4名迎え、東京2020に向けたNEPP史上最大のプログラムとなりました。​


トレーニングキャンプの中日には地元の小学生とのパラスポーツ交流会を実施し、きらきらと目を輝かせて参加する子供たちと触れあい、選手たちもリラックスして楽しんでいたようです。​子供たちや保護者のみなさんからは、これからはオリンピックだけでなくパラリンピックにも注目したいといううれしい声をいただきました。


One year before Tokyo 2020, from September 12 to 18, 2019, we held a workshop and a para-athletics training camp at NSSU.​


On the first and the second day, we held a workshop for the purpose of acquiring the knowledge necessary for improving competitiveness and clarifying the challenges by performance analysis. From the third day onwards, we held a para-athletics training camp at Kenshidai campus.We invited 23 athletes and coaches from 10 countries and had 4 facilitators from 4 countries with specialized knowledge in specific fields. This was the largest program in NEPP history for Tokyo 2020.​


We also held a para-sports interaction event with local elementary school students. The athletes looked very happy to do activities with kids who had were very curious about the para-sports and different culture from different countries.​We were very glad to hear that the kids and their parents saying "We would like to focus not only on the Olympic Games but also on the Paralympics".

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示